Webライターの仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

2010年代に入ってから副業で稼ごうとするサラリーマンの数がどんどん増えています。

そんな人達の間で高い注目を浴びているのが、夜の時間帯や週末に外に出る事なく仕事ができるWebライターという職業です。

そんなWebライターというものはどんな職業であるのか、またWebライターとして長く活動する事のメリットはどこにあるのかをご紹介します。

Webライターは無資格でもOK

Webライターという職業は、何らかの資格を持っているとオファーが来やすくなったり1文字当たりの単価が上がる場合があります。

しかし、必ずしも資格・免許が必須というわけではなく、サラリーマン生活を長く続けてきたような人でも明日からスタートする事が可能です。

あまり専門知識を必要としない案件に特化して仕事をするのであれば、特別なスキルな必要になるわけでもありません。

普段から個人で保有するブログなどをこまめに更新していて、文章を書く事が好きな人には向いていると言えます。

ただし専門知識を必要とする文字数の多い案件に関しては、関連する業界の事を熟知していて専門用語も完全に分かるような人でないと請け負えないという側面もあります。

Webライターの仕事内容について

Webライターとして副収入を得たいのであれば、よく閲覧している情報サイトの募集告知を見て応募するという方法もあります。

しかしながらこのようなケースでは、なかなか募集はありません。

すぐにwebライターとして活動し始めたいのであれば、サグーワークスをはじめとするクラウドソーシングサービスに登録するという形が一般的です。

こういったクラウドソーシングサービスは特に審査はなく、誰でも気軽に登録できます。

そして、案件一覧ページから自分でも記事を書けそうなものを探し、制限時間内で文章を書きあげて投稿します。

投稿した記事のクオリティに問題がなければ報酬を獲得できますが、クオリティなどに問題があれば修正をして再投稿しなければなりません。

なお報酬は商品券などとして受け取るだけでなく、振り込み口座を指定して現金として受け取る事もできます。

webライターはどれくらい稼げるのか?

Webライターはどれくらい稼げるのかという事に関しては、1文字当たりの単価と1日の間での取り組める時間によります。

昼間にサラリーマンとして働いていて夜の時間帯や週末にWebライターとして1文字0.3円くらいの仕事をする場合、平均月収は3万円から5万円くらいと言われています。

一方、主婦で1日中活動できる場合や、本職としてWebライティングに取り組める場合に関しては、毎月10万円以上の収入を目指せます。

さらに、記事作成の依頼企業から気に入られて1文字1円くらいの単価で仕事を請け負えるようになったような場合は、20万円から30万円の収入も見込めます。

夜や週末しかWebライターとして活動できない人でも、オファー次第ではひと月5万円以上の副収入を十分目指せます。

Webライターという仕事の大変な部分

Webライターという仕事の大変な部分は、新しい案件の記事募集開始になるタイミングがわからない事と言われています。

例えば、金曜夜や土曜午前に単価の良い案件の記事募集がスタートした場合、ライターとして報酬を得るためには記事書きのお仕事をする必要があります。

平日の本業で疲れてしまっていたとしても、報酬を得るためには致し方ないことです。

また記事の再投稿依頼(非承認通知)がきた場合、報酬を得るためにはできるだけ早く対応する必要があることもあります。

Webライターという仕事に取り組むメリット

クラウドソーシングサービスには様々なタイプの仕事が登録されます。

あまり詳しくない分野の記事を作成する場合は勉強をしながら書いていく事になるため、かなり時間がかかってしまうケースもあります。

しかし、Webライターという仕事をする中で様々な知識を身につけられた場合は、その知識が別のところで役立つような事が起こります。

この点は、Webライターという仕事に取り組む事の大きなメリットと言われています。

また一つでも多くの案件に対応できるようにと普段から様々な業界・地域の事などを学ぶ生活をずっとおくり続けていれば、将来的にはあらゆる事に詳しい知識人になる事が可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です