Uberイーツの配達の仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

飲食店の出前と異なる新しいスタイルの配達サービスである「Uber Eats」は、多くの地域で注目され、徐々に配達エリアを広げています。

アプリでの簡単注文や幅広いジャンルの食事を楽しめる点が人気を呼んでいます。

そんな人気サービスを支える配達員の仕事内容や必要な資格、配達員になるとどのくらい稼げるのか詳しく見ていきましょう。

配達員の仕事内容は?

Uber Eatsの支店に出向き配達員登録を済ませた後、Uber Eats専用アプリを起動するだけでいつでも簡単に働くことができます。

専用アプリの「出発」ボタンをタップしオンライン状態にしておくことで、配達リクエストを受け取れる状態になります。

配達依頼が来ると「ピコーン」という通知音が鳴り、依頼を承認することで仕事が開始となります。

依頼を拒否することもできますが、拒否し続けてしまうと、しばらくアクセスを制限されることがありますので注意が必要です。

依頼を承認すると、現在位置からレストランまでの所要時間や店のどこから入って欲しいなどの注意事項が表示されます。

レストランに到着したら、注文番号を伝えて料理を受け取ります。

ここまで注文者の情報は知ることができず、料理受け取り後にアプリのチェックボックスを入れることで初めて注文者の情報が表示されます。

あとは、注文者の元に料理を届けるだけですが、道に迷ったり部屋番号が分からないと言った時は、アプリから注文者へメールや電話で、気軽に連絡を取ることができます。

配達完了後、アプリ上で配達済みとすることで、配達業務が完了となり今回の配達した分の給料が表示されます。

配達員に必要な資格やスキルは?

仕事内容が分かったところで、必要な資格について見ていきましょう 必要な資格についてですが、Uber Eats配達員になる上で必須となる資格はありません。

原付免許があると配達中の移動が快適だったり、配達時間の短縮になったりしますが、無くても自転車で配達が行える為、問題はありません。

しかし、配送業である以上、ある程度の土地勘はないと苦労することになりますが、数をこなしていく中で覚えていくことができます。

また、配達中のトラブルはつきものですが、落ち着いて対処する力があれば、何も資格を持っていなくともUber Eatsの仕事をこなすことはできます。

配達員ってどのくらい稼げるの?

Uber Eatsの給料形態は、「基本給料+インセンティブーUberサービス手数料」となっています。

基本給料については、レストランでの料理受け取り料金、注文者に商品を受け渡し料金、配達の距離料金を足した金額となります。

Uberサービス手数料は、基本給料の10%が手数料として引かれます。

インセンティブは、注文の多い地域や、時間などに応じて適用される追加料金です。

追加料金の倍率はアプリ上でも確認できる為、倍率が高いタイミングを選んで依頼を受けることができます。

追加料金には曜日、時間、地域によって異なる倍率が発生する「ブースト」と、土日や雨の日に発生する「クエスト」の2種類が存在します。

「ブースト」は、配達料金にその時の倍率が掛け算されます。

この倍率は1.1倍~1.2倍程度である為、あえてライバルの少ない時間や地域で質より量で稼いでいる人もいます。

「クエスト」は、配達回数に応じて追加料金が加算されます。

地域や、仕事時間に左右されますが、日給7000円~15000円程度稼ぐことができます。

こんな人が配達員に向いている

配達員の仕事は好きな時間、好きな場所で行うことが出来ることが魅力である為、自営業を営んでいる人やフリーランス、フリーター、主婦、家事手伝いと言った、時間が余っている人や自分で空き時間を作ることが出来る人が向いています。

配達のノルマがあるわけではなく空いている時間が僅かにあれば配達員になれるので、会社員の方でも休みの日だけ配達員をする、仕事が早く終わったから配達員をするといったことも可能です。

元で資金がないなら、不用品を売却するのもあり

ウーバーイーツの開業資金がないなら、自宅にある不用品をメルカリで売却するのも手です。

中でもまとまったお金を手にするとなると、車などのそれなりの金額になるものがよいでしょう。

幸い今の時代は、走行距離が長かったり、事故で少し調子が悪いような車も売却が可能です。

車の買取業者を数社見つけて、見積りを依頼して一番高い買取価格を提示した会社に売るだけでもだいぶまとまった資金になるはずです。

事故車の買取については、こちらのブログが参考になりますよ!

事故車を売却する際に参考になるブログはこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です