テープ起こしの仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

本職とは別に副業を行って少しでもお財布に余裕を持ちたいという人は多く、そうした人に向けて今では様々な副業が紹介されています。

中でも人気なのが今や在宅ワークの花形とも言えるテープ起こしの仕事です。

今回はテープ起こしを副業とする場合に必要な資格やテープ起こしの仕事の将来性、またどのくらい稼げるのかといった部分についても解説していきます。

テープ起こしの市場規模

テープ起こし業務の市場規模はおよそ80億ほどと言われています。

テープ起こしは主に自治体や官公庁、弁護士事務所などが音声データをテキストに変換するためにプロのテープ起こし業者へと依頼することが多い傾向にあります。

昨今では自動的に音声を認識して文字に変換するツールなども登場していますがその精度は確実と言えるものではありません。

テープ起こしを求められるデータの大半は確実性の求められる物が多いため、こうした精度の低いツールに頼ることはできず、最終的にはテープ起こしによって人間の手でチェックする必要があり、機械化によって人の仕事がなくなる心配というのは今の所見られないでしょう。

またテープ起こしは潜在需要がまだまだ眠っているとされており、一部の見方では10年後には220億程度になることが予想されています。

テープ起こしの仕事内容

テープ起こしとはテープレコーダーなどに録音された会話を聞いてその内容を文字に起こす仕事であり、場所によっては文字起こしという名前で呼ばれることもあります。

例えば記者によるインタビューや、著名人同士の対談、企業の会議などの音声データがテープ起こしの仕事としてよく依頼されるようです。

必要なのはどんな会話が行われたかになるので、例えば「あー」や「えーと」などの余分な場繋ぎは省いて必要な内容だけを文字に起こす事が要求されることも多いですが、クライアントによってどこまで文字にするかは若干異なるようです。

テープ起こしに必要な資格やスキル

テープ起こしには必須となる国家資格はありません。

しかし「文字起こし技能テスト」というテープ起こしの能力を数値化出来る検定があり、これを取得しておくことにより自分の文字起こし能力を分かりやすくクライアントに示すことができるため有利に働く場合があります。

テープ起こしを行ったり、文字起こし技能テストで高スコアを取るためにも必要になってくるのが語彙の豊富さでしょう。

もし音声で自分の知らない単語が使われてしまうと誤訳をしてしまったり、なんと言っているのか聞き取れない場面がでてきます。

それを防ぐためにも様々な単語や言葉遣いなどを熟知し語彙力を高めておくことが極めて重要になってきます。

テープ起こしの副業に取り組んだ場合の売上目安

テープ起こしの作業はある程度慣れた人間であっても、やったことのない人間が考えているよりもずっと時間のかかる作業です。

しかし依頼してくるクライアントはその実情を知らないため掲示する価格が非常に安く設定されてしまうこともあるため、注意が必要でしょう。

一般的に10分の音声データをテープ起こしするのに1時間程度掛かるため、最低でも音声データ1分につき100~150円程度に設定し、時給1000円は超えるようにするのが妥当なラインと言えるでしょう。

受けられる依頼によって月の売上は変動しますが、1日10分の依頼を毎日こなすだけでも月3万円程度の副業収入を得られる可能性があります。

テープ起こしはこんな人に向いている

テープ起こしは空いた時間に少しずつ進めることができるため、育児などでまとまった時間を取れない主婦の副業にとても向いていると言えます。

またテープ起こしの作業が得意で依頼をたくさん受けられる自信があるのであれば大きく稼ぐことも可能なので、ひたすら働いて本業並みの副業収入を得たいという人にもおすすめできます。

またテープ起こしでは誤字や脱字、発言のニュアンスを理解することも重要になるため、細かいことによく気がつく人であれば内容の確実性やクオリティをより高める事ができ、クライアントに喜ばれる仕事ができるのでテープ起こしに向いているでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です