せどりの仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

副業をしたいけれどダブルワークをする時間がない、そんな人でも手軽に始められる副業のひとつとして人気なのがせどりです。

でもせどりってどうやって始めたらいいのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、せどりを始めるために必要な資格や、せどりはどれくらい稼げるのか、ということを詳しく解説します。

そもそもせどりとは?

「せどり」という言葉は元々は古本屋さんの間で使われていた言葉で、店頭で売られている本を買って別の店に売り、その利ざやを稼ぐというものでした。

そのため、「せどり」という言葉の語源は「背取り(本の背表紙を見て価値のある本を抜き取るため)」だともいわれています。

せどりはかつては古本に対する相当な知識がなければできないものでした。

このせどりが有名になったのは、ブックオフで仕入れた古本をアマゾンで売る、というビジネス手法が世間に広まったからです。

現在では古本に限らず、実店舗などで仕入れたさまざまな商品をネットで転売することが「せどり」と呼ばれています。

そのため、せどりをしている人が扱う商品も家電やおもちゃ、服、CDやDVDなどさまざまです。

また、ネットで仕入れてネットで転売する「電脳せどり」といった手法もあります。

どのような商品を扱うのであれ、どのような方法で仕入れをするのであれ、せどりの基本は「安く買って高く売る」ということにある、といえるでしょう。

せどりは誰でも簡単に始められる!

せどりのメリットとしてまず挙げられるのは、誰でも気軽にすぐ始められるということです。

かつては、せどりをするためには一定の商品知識を持っている必要がありました。

しかし、現在では誰でも商品価格をネットで簡単に調べられますし、また、バーコードをスキャンすることでその商品がプレミア価格になっているかどうかを教えてくれるようなツールもあります。

そのため、たとえ深い商品知識がなかったとしても、誰でも簡単にせどりを始められるようになったのです。

また、店舗を構える必要がないので始めるための初期費用が安くすむ、というのもせどりのメリットとして挙げられるでしょう。

一方、デメリットもあります。

いくらせどりは初期費用が安くすむといっても、最初に商品を仕入れるための費用は準備していなければなりません。

最初は自分が既に持っているものをネットで売るということから始めたとしても、続けていくためには常に仕入れのための費用を確保しておく必要があります。

また、時間や手間がかかります。

自分で発送するのであれば商品を保管するスペースを用意しなければなりませんし、梱包や発送作業も行わなければなりません。

これらの時間と、商品を仕入れるための時間を毎日の生活の中で捻出することが大切です。

せどりを始めるために必要な資格は?

古物商許可は転売目的で商品を仕入れ、販売するのであれば必ず持っていなければなりません。

もしも無許可で古物の転売をした場合、古物営業法違反で逮捕される可能性があります。

ただし、店頭から新品の商品を購入し、それを新品の商品として転売するのであれば古物商許可は必要ありません。

とはいうものの、古物商許可を持っていると新品せどりができないというわけではないので、新品せどりをする人でも古物商許可を取っておくのがおすすめです。

古物商許可を得るためには、まず営業所を管轄している警察署(公安委員会)で書類を提出しなければなりません。

古物商許可申請書のほか、略歴書、住民票などです。

また、店舗を構える場合には不動産登記簿や賃貸借契約書、ネットで転売する場合にはURL使用権を証する書面が必要です。

これらの手続きを自分でするのが面倒だという人は、行政書士に手続きを依頼することもできます。

せどりってどれくらい稼げるの?

多くの人にとって最も興味のあることは、実際にせどりでどれくらい稼げるのか、ということでしょう。

しかし、このことについてはケースバイケースとしか言いようがありません。

せどりで月に何十万も稼ぐ人もいれば、そうでない人もいます。

重要なポイントは、せどりの利益は売上げではない、ということです。

仮に月に十万円の売上げがあったとしても、仕入れ費用や発送代、梱包費用などを合計して十万円以上かかっていれば、利益はマイナスになってしまいます。

せどりで得た利益とは売上げから必要経費を引いた金額のことだ、ということを忘れてはなりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です