レストラン覆面調査員の仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

レストランは家族連れやカップルが食事を楽しみ、心地よい時間を過ごす場所です。

よりよいレストランを作るために間接的にかかわることができるのがレストラン覆面調査員。

仕事内容からお給料事情まで紹介します。

もしかしたら「訪れたレストランの隣のテーブルで食事をしていた人が、実はレストラン覆面調査員だった」ということもあるかもしれません。

仕事内容

覆面調査員は「ミステリーショッパー」ともいわれます。

レストラン覆面調査員の仕事内容は一般の客を装いレストランで食事をし、事前に知らされていたチェック項目にそって、お店の対応全般に関するレポートを作成することです。

チェック項目はレストランや、レポートの提出先などによって異なりますが、入店時の店員の対応に始まり、料理を注文してからテーブルに届けられるまでの時間や、質問に対する対応などの内容があります。

またトイレの店内の清掃状況などについてもチェック項目が定められているケースが多いです。

一般の客を装っているわけなので、当然店内でレポートを記入することはできません。

食事がすみ次第、すみやかに別の場所に移動してレポートを書き上げます。

必要な資格やスキル

レストラン覆面調査員になるために必要な資格やスキルはありません。

ただし調査後に提出するレポートには選択式のものもあれば、記述式のものもあるため、正しい日本語で文章を書くことができることは大前提です。

また記述式のレポートには最低の文字数が設けられていることもあり、内容のあるものを書き上げるため、レポートの作成に1時間ほどの時間を要する場合もあります。

そのため文章を書くことを苦手としている場合は、あまり向いていません。

とはいえ、プロのライターのような完璧でエモーショナルな文章が必要なわけではなく、客の立場でないと知ることができないレストランの情報が欲しいのです。

誤字脱字などがなく、丁寧な文章でレポートを作成することができれば問題はありません。

副業で取り組んだ場合の売上目安

レストラン覆面調査員はテレビで特集されることも多く、人気の高いお仕事で、専業主婦やビジネスパーソンの副業として特に人気があります。

収入はひと月に3万円あればかなり多いほうで、ほとんどの場合がひと月に数千円から1万円程度です。

ただ調査の内容やレポートの提出先である調査会社によっても、1件当たりの報酬は異なります。

またレポートの内容が良いなど、レストラン覆面調査員としての経験値が高く評価されていれば、よい条件の案件を電話などで直接依頼されることもあります。

報酬に関しては、食事代が自腹となることが多いため注意が必要です。

例えば食事代に2000円かかったとして報酬が1000円であれば「クーポンを使って、ちょっといいランチをたべることができた」という感覚でとらえます。

また、後日食事代を全額ポイントバックしてくれるといったパターンもあります。

こんな人に向いている

レストラン覆面調査員の仕事は、お店にいって料理を食べてその内容全般に関してのレポートを作成することです。

食事をすることが好きで、文章を書くことが好きな人に向いています。

レポートにコメントを記入するときには、マイナスの面にばかり目を向けた文章を書くのではなく、どのようにすればレストランがよくなるのかといった改善点など、一歩踏み込んだ内容が書けるとベストです。

また本業並みの収入は期待しておらず、お小遣い程度の収入が欲しい人にも向いています。

スマホで管理することも多いため、スマホに慣れていることも大切です。

レストラン覆面調査員だからこそ、普段はいかないようなお店にいくことができるのは大きな魅力です。

好奇心がありトレンドに敏感な人は、この仕事を楽しんでこなすことができますね。

自らの正体がばれないような、ある程度の演技力も必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です