家庭教師の仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

家庭教師の仕事と言われると大学生のアルバイトを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、社会人の副業として家庭教師を行っている方も珍しくはありません。

短時間でも働きやすく、実績次第で高収入も狙えるために副業として注目を集めています。

ここでは、家庭教師の仕事の内容や求められるスキルについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

家庭教師はどんなことをする仕事?

家庭教師とは、生徒の家に出向いて勉強を教える仕事です。

主に小学生から高校生までの子どもを対象としています。

難関校への合格や基礎学力の向上、苦手科目の克服など家庭によって依頼する理由は様々であり、目的に合わせて適切な指導を行います。

生徒と教師の1対1で行うので、生徒の性格や個性を把握しながらきめ細かく指導をすることが必要です。

働き方としては家庭教師派遣会社、マッチングサイトを利用する方法や個人で営業して生徒を募集する方法があります。

家庭教師の仕事の魅力

家庭教師は週1日からでも始められる仕事です。

本業に差し障りがないように副業は週1日程度にしたいと考えている方でも働きやすいです。

さらに、1回当たりの指導時間は1時間から長くても3時間程度なので、必要な時間も短く済みます。

本業を終えた後に生徒の家に訪問して指導するような働き方もできます。

頭は使いますが、肉体労働ではないこともメリットです。

室内で座って働ける仕事なので肉体的な負荷が小さく、本業に与える影響は少ないでしょう。

求められるスキルとは?

家庭教師として働くために必要な資格は特にありません。

ですが、仕事を得る上では高い学歴がある方が有利になります。

保護者からしてみれば、難関への合格を目指しているのならそれ相応の大学を出ている方に依頼したいものです。

出身大学のレベルが生徒の志望校よりも低いと、信頼を得ることは難しいでしょう。

中学受験の経験があったり、帰国子女で英語が得意であったり、学歴以外にアピールできる要素があることが求められます。

大学生の時に塾講師や家庭教師として指導していた経験を持っていることもアピールポイントとなるでしょう。

しかし、すべての家庭で高い学力が求められているわけではありません。

子どもに勉強の習慣を身につけさせたいというケースも存在します。

そのような場合では、生徒と年齢が近い大学生よりも社会人経験のある方に依頼する傾向が強いです。

学力はある方が望ましいですが、基礎的な学力があれば十分という場合もあります。

副業とした時の収入の目安

給与は時給制となっている場合が多く、2000円前後が相場となっています。

仮に時給2000円で週1回、1コマ当たり2時間として計算すると、1ヶ月に16000円程稼ぐことが可能です。

実績を積み上げていけば時給も高くなっていき、中にはセミプロとして働いて6000円以上もの高時給を得ているケースも存在します。

家庭教師の仕事は時給が高いメリットがあり、短い時間でも効率的に稼ぐことが可能です。

また、家庭教師は単発の仕事ではなく、ほとんどの場合で1ヶ月や半年、1年といったようにある程度の期間続く仕事なので、収入源として安定しているのも特徴です。

家庭教師に向いているのはどんなタイプ?

家庭教師に向いているのは、土日が休みとなる方です。

平日は塾で学び、土日は家庭教師から学ぶという家庭が多い傾向があるので、土日に働ける方であれば依頼を受ける際に有利になるでしょう。

逆に不定休の方は注意が必要です。

自分と生徒のスケジュールを調節するために、多くの手間がかかることが予想されます。

子どもが好きなことも大切です。

生徒の中には勉強に苦手意識を持っていたり、やる気がなかったりするケースも少なくありません。

そんな時には、子どもの気持ちに寄り添って一緒に考えてあげることが求められます。

子どもが好きで生徒の気持ちに配慮した行動をとるのが苦にならないのなら、家庭教師に向いていると言えるでしょう。

改造車というと、下取りや売却が難しいと思われがちですが、しっかりとポイントを抑えていただく句ことで賢く手放すことが可能です。特に改造車の場合は、下取りよりは買取業者に売却する方が、高値で引き取ってもらえるようです。

参考:改造車の下取りは難しい?

何はともあれ、まずは見積もりを取ると良さそうですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です